健康のためのサプリ生活
症状で選ぶ
目的で選ぶ
ハーブサプリ
ミネラルの多い食物
ビタミンの多い食物

 

  
   目的で選ぶ





     コレステロールを減らす

パントテン酸
コレステロールを減らすにはパントテン酸を摂ります。コレステロールは体に必要不可欠な
物質ですが、取りすぎはよくありません。コレステロールにはご存知のように善玉と悪玉が
あります。パントテン酸には善玉コレステロール生成を促す働きがあるので、悪玉
コレステロールを回収し、動脈硬化や心筋梗塞などの予防に効果を発揮します。


ビタミンE
コレステロールを減らすにはビタミンEを摂ります。コレステロールは本来からだにとって
必要不可欠な存在ですが、取りすぎると動脈硬化などの原因になります。
ビタミンEは、コレステロールの減少、動脈効果の予防と言った効果を発揮します。




     血糖値を下げる

ポリフェノール/ルチン
活性酸素を除去する強い抗酸化作用があり、毛細血管を強くし、血管を拡張する働きがあると知らされています。


    老化防止 

ビタミンB2
老化防止にはビタミンB2を摂ります。 ビタミンB2は過酸化脂質の分解に関わります。
また過酸化脂質は動脈硬化や心筋梗塞などの原因のひとつとしても問題視されている。


ビタミンC
老化防止にはビタミンCを摂ります。 ビタミンCは細胞外で働きビタミンEを活性化させ
抗酸化作用の働きを取り戻す力があります。
抗酸化作用の悪影響には細胞の老化の他、心筋梗塞、、動脈硬化、狭心症、ガン
白内障などが上げられ、抗酸化ビタミンの摂取はこれら症状への予防にも効果的。


ビタミンE
老化防止にはビタミンEを摂ります。ビタミンCと合わさる事でより一層
老化防止の効果が高まります。




      胎児・子供の成長 

亜鉛
胎児・子供の成長には亜鉛を摂ります。亜鉛は細胞分裂には欠かせないミネラルです。
胎児期に妊婦の亜鉛の血中濃度を計測すると胎児の成長に伴って激減してしまいます。
それだけ胎児は多くの亜鉛を必要としているのです。乳児や成長期の子供も正常な発育を
促すためは十分な亜鉛が必要です。




      不妊症  

葉酸
不妊症には葉酸を摂ります。妊娠を希望している1ヶ月前からは必ず摂りましょう。
妊娠1ヵ月前から妊娠3ヶ月の期間に葉酸を1日0.4g摂取すると神経管奇形の
なんと70%が予防できるのです。更に、先天性異常の予防だけでなく、流産予防や
子宮内壁の強化、受精卵を守るためにも効果的です。


マカ、漢方【新皇帝超威龍】
不妊症にはマカを摂ります。不妊に悩む女性にマカがこれほど人気があるのは
ホルモンを作り出す機能がちゃんと働くよう「調整」し、理想的なホルモンバランスに
近づけてくれるのです。そしてマカは天然のバイアグラと言われている程なので
パートナーと一緒に毎日摂る事をおすすめします。


ビタミンE
不妊症にはビタミンEを摂ります。ビタミンEは美容のビタミンとして有名ですが
実は不妊治療の一環で使用されているので知っている人も多いと思います。
ビタミンEは、ホルモンバランスをコントロールし、代謝を活性化するので女性だけ
ではなく、男性の不妊治療にも効果的です。




      ガン予防 

ビタミンC
ガン予防にはビタミンCを摂ります。ビタミンCには抗がん剤にも使用されるインターフェロンの
生成を促進する働きがあります。インターフェロンにより抗ウイルスたんぱく質が生成され
ウイルスの活動を抑制。そしてがん細胞にも同じように働きかけ、細胞分裂を抑制して
がん細胞の増殖を抑えます。


ビタミンA
ガン予防にはビタミンA を摂ります。ビタミンAは粘膜の新陳代謝を活性化するのに役立って
いますが、粘膜が十分に潤っているからこそウイルスや細菌以外の発ガン物質からも細胞は
守られているのです。


ビタミンD
ガン予防にはビタミンD を摂ります。ビタミンDにはがん細胞の増殖を抑制して、正常細胞への
分化を誘導する働きがあります。
しかし増殖を抑制するためには多量のビタミンDが必要なため、過剰症を引き起こさずに利用
できる抗がん剤というのはまだ研究段階中です。

check



鍵 交換 ドア



2020/1/30 更新